お待たせしました。
東京講座で松果体への刺激を始める前に
やりました頚椎一番の調整です。

頭蓋骨へアプローチする前に
頚椎一番の調整をやる必要があります。

何故かと言うと
多くの方が頚椎から頭蓋骨がんでいて
頭蓋骨を頚椎が支えきれないからです。

 

この刺激は
首こり肩凝り凝りにも効果的ですのでお試しください。

頚椎一番の調整

IMG_1840

両手で首とアゴの間の隙間に、
人差し指を軽く触れるぐらいの力で
差し込んでください。

IMG_1841

①眼の動きで首を導きましょう。

IMG_1843

目を右の目尻の方へ動かしながら
首を回転していきましょう。

ポイント:
決して指先で押さないように注意しましょう。

②ゆっくりと正面へ戻します

IMG_1841

③左へ回転させます

IMG_1844

眼球を左目尻の方へ動かしながら
首を左へ回転させます。

④正面へ戻します

IMG_1841

⑤上へ上げます

IMG_1852

⑥正面へ戻ります

IMG_1841

⑦アゴを下へ下げます

IMG_1846

⑧右斜め上にあげます。

IMG_1849

⑨正面へ戻ります

IMG_1841

⑩右斜め上にあげます。

 

IMG_1849

⑪正面へ戻します

IMG_1841

⑫左斜め上にあげます

IMG_1848

⑬正面へ戻します

IMG_1841

頭蓋骨へ続きます。